ラックライフ PON


今年、バンド結成10周年を迎えているラックライフ。10年前と変わらない想いと、10年前よりずっと大きな夢を抱きながらまだまだ前進し続けます。ニューシングル「シンボル」について、Vo.PONさんにインタビューする中で、作品への想いだけでなく、バンドを続けることへの想いもたっぷりと話してくださいました。

Interview:Miyaco

―バンド結成10周年という節目は意識しますか?

意識するというか、10年という数字のキリの良さに考えさせられることはあって。これまでを振り返ったり、自分たちは今どういうところに居るんだろうって改めて考えるきっかけにはなってますね。かといって何が変わるっていうことはなく、音楽をしっかり届けたいっていう想いで。自分たちに正直に、かっこいいと思うことを突き詰めていきたいっていう、今までやってきたことを改めてしっかりやりたいっていうのと。あと、10周年やから派手なことやろうかっていう理由にもなってますね。

―その辺りは、改めてメンバーと話したりもしましたか?

そんなに大したことは話してないかな、何かが変わるわけでもないから。ただそれを理由に楽しいことを計画してる感じですね。毎年大阪でやってた「GOOD LUCK」っていうバンドの誕生日イベントを今回は東京と大阪でやってみたり。盛り上がるきっかけになってるのは楽しいですね。

―その「GOOD LUCK」、今回規模を大きくして実際にやってみてどうでしたか?

今まで大阪だけやったから出演者の数も限られてて、呼びたくても呼べないバンドもいたけど、今回は東京だから呼べたバンドもいて。改めてこの人たちと出会ってやってこられて良かったと思うし、10年間俺たちがどんな音楽にドキドキしながら、どんな人と一緒にやってきたのかをみんなに見てもらえて嬉しかったですね。

―初心を思い出すようなきっかけにもなってるんですかね。

そうですね。気が引き締まる感じはありますね。

―今話を聞いてると、もちろんバンドの目標はあると思うけど、余計な力は抜けてる感じがして、その感覚で続いているのがいいのかなって思いました。

そうですね。俺たちは、何かでっかいことをしてやるぞ!っていうよりは、バンドやライブが好きで面白いからやってるのが第一にありますね。

―今回のシングル「シンボル」はTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇の主題歌にもなっていますが、作曲するにあたってアニメからインスピレーションを受けた部分はありますか?

元々自分が好きで読んでた漫画なので、決まった時の「よっしゃー」っていうテンションで作った面もあります。オープニングのアニメーションでどんな映像がつくのかを想像してみて、そしたら中華鍋をバッサーって振り回してるイメージが出てきたんです。それに俺らの音楽が重なったらどうなるんやろうって考えて、サウンド的にも鍋とお玉が当たる金属音のような、尖ってて疾走感のあるようなイメージから入りました。歌詞の内容で言うと、このアニメは料理学校の寮の仲間やライバルと切磋琢磨しながら成長していくストーリーなんですけど、俺らにとってそれはライブハウスで。仲間のバンドのライブにドキドキして認め合って、お互い成長していくっていうのを歌にしようと思いました。お互いに「かっこいいな」ってリスペクトできて、ずっと一緒にやれてる仲間がいっぱいいるんです。そういうバンドと、ライブの後に打ち上げでアツい話になるんですよ。「もっとこうなりたい」「こんなバンドになりたい」「こんなことがしたい」って夢の話をするわけです。例えば「あのテレビ番組に出たい」とか、「その時楽屋が隣やったらおもろいな」とか。「今日一緒にやった3バンドで、いつか大きなツアーやろうや」とか話したりして。そういう、同じ話をずっとしてるんです。できてしまってるんですよね。つまりそれは、叶えられてないから。もちろん本気でやってるし前進してる、でも思ってたような未来にはなれてなくて同じような話ができてしまってるんですよね。そういう話ができる仲間がいるのは幸せやし宝物やけど、まだ現実になってないのが悔しくて。もっとやれるはずだって思ってるし、あれだけ言ってた夢を叶えなあかんって思ってるんです。お互いもっとすごくなって、夢を叶えて、そしたらまた別の夢の話ができるはずやって。仲間がいて幸せやなっていう気持ちと、このままじゃ全然足りてないっていう悔しい気持ちの半々くらいの歌になりました。

―アニメの主題歌だからアニメの内容をイメージした面もあるとは思うけど、ものすごく自分事というか、PONさんの想いが込められているのがわかるなって感じたんです。

全然他人事じゃない。夢やけど、「いつかそうなれたらいいな」っていう、そういうふわっとしたことを言ってるんじゃないから!っていうテンションで作ったし、レコーディングもそういうテンションで歌えましたね。

―歌詞の中には、自分の想いだけじゃなくて仲間へのメッセージも込められていますよね。誰かと一緒に戦っていくイメージもできて。

まさにその通りですね。俺らも頑張るけど、俺らだけ頑張ってもあの夢は叶えられへんねんっていう。

―だから、この曲を聴いたときに「GOOD LUCK」のことをすごく思い浮かべました。この曲には、きっとこのイベントに出演しているバンドのことも含まれているんだろうなと思って。

そう、すごく良いタイミングでした。

―そういうことも思い描きながら聴くと、受け取るものが増える感じがありました。ひとつ気になったところは『声にならない僕らの声は ねぇどこからどこまでが必要?』という歌詞。ここに込められている想いは何だろうって考えてしまいました。

それ、逆にどう思います?みんなどう受け取るのか聞きたかったんですけど。

―私が感じたのは、PONさん自身が、発信している人間として自分たちの声が実際にどこまで届いてるのか、届いていないかもしれない部分を不安に思っている感じなのかな、と。例えばインタビューでこうして話してもらうけど、記事にしたときには削ぎ落とされるニュアンスとかテンションとかもあるし。歌詞やMCで100%話したことを、お客さんがどれくらい持ち帰れてるかわからない。そうなった時に、発信している側として切なくなってる、ちょっとネガティブな気持ちなのかなって考えました。

なるほど、確かにそれもある。それも毎日思ってることなんですごく当てはまるんですけど。俺としてはこれを書いたときは逆の意味でしたね。俺らにも心があって、どれくらい言っていいものなのか、っていうこと。仲間とはアツい話をするけど、同時にダメな話もするわけです。「こういうところがダメで、こういう不安がある」って。だけど、それは表舞台では言えないですよね。自分たちのことをあけっぴろげにして歌ってるバンドやのに、そこは言わないで進むジレンマもあります。俺らにも心があっていろんなことを感じるのに、見てる人は好きなこと言うんですよ。「ラックライフ変わってしまった」「あの曲聴きたかったのやってくれへん」みたいな。俺らもめちゃくちゃ考えてやってるし、なんとなくやってることや意味のないことなんてひとつもない。頭こねくり回してやってるけど、それでもネガティブな意見はある。それが不意に聴こえてきたときに、俺らも傷つくんですよね。そういう意見があるのは分かるし、言いたくなる気持ちも分かるし、ちゃんとラックライフへの愛情があるのも分かる。でも、逐一言葉にせんでほしいこともあるなぁって思う時がある。ほんまにそう思ってて本人に伝えたいのなら、不特定多数に向けて言うんじゃなくダイレクトにリクエストしてくれたらいいのになと思いますね。でも、さっき言ってくれたこと、どれくらい伝わってるのかっていうのはほんとにそう思ってます。なんぼ書いて、なんぼ喋ったって、この気持ち全部理解するなんてありえへんって思ってる。「100%受け取りました」って言われたとしても、ほんまは80%くらいちゃうん?って思っちゃう。けど、わかり合いたいって思うから歌ってるんですよね。

―諦めてないんですよね。

そう。ほんまはちょっとだけ、通じ合えるんじゃないかなって思ってる。だから諦められへんし、伝わらへんかったら傷つくし。

―でもそんな風に不安になったりするのは、真剣にやってるからなんだろうなって思います。

真面目に向き合ってる証拠なんでしょうね。不安がないと面白くないんやろうなって思いますね。

―「シンボル」っていうタイトルの意味は?

俺らがバンドを続けてこられたのって初期衝動だと思うんですよね。高校1年生の時に2つ上の先輩が部室でやってたライブを見て「かっこいい!これやりたい!」って思ったこととか、先輩が弾き語りライブで歌ってた曲が、全然知らん曲やのにめっちゃ涙出てきたとか。それがラックライフが続いてる一番最初の理由やと思うんですよね。それを忘れてないし、どんなに大きな場所でライブをしても「あの日の先輩のライブに勝ちたい」って思うんです。あの日、俺が見た先輩のライブはすごかったし、たぶん誰も覚えてへんけど俺はめちゃくちゃ鮮明に覚えてる。先輩が歌ってた、誰も知らないあの歌が、「歌ってすごいな」って初めて思った瞬間で。俺も誰かを感動させる歌を歌いたいって思って、歌っていくことを決めた。それを今も心の中に持ってるし、誰かにとってのあれになりたいって思う。俺らがなりたいものってそれだよねっていう、俺らのシンボルなんです。

―そういう思いが、この曲にはまったんですね。

いろんなバンド仲間と話をしてると、みんなにもそれぞれそういうのがあるんですよね。みんな同じなんやなって思う。そのシンボルが自分の中でまだまだ輝いてるから、しぶとくステージに立ててるんやなと思って、そのタイトルをつけました。

―2曲目の「ルーター」もさっき話してくれたこととリンクしますね。

そうですね。人と人とは分かり合えないけど分かり合いたいっていう気持ち。だって人と関わらないと生きていけないですからね。自分がすごく大切にしてたものを身近にいる人に壊されてしまったとき、時が止まるような感覚があったんです。自分にとって大事やと思ってたものが人にとってはそうでもなかった。その時に全部がなくなっちゃったような気がして、自分って何なんやろうって思ったんですよね。でも本人は悪気はなくて、それやったら自分も気付かんところで人のこと傷つけてるかもしれんと思って。それってめちゃくちゃ怖いことですよね。だから分かり合えへんかもしれんけど、分かり合おうとする気持ちが大事なんやって。

―歌詞は一見抽象的だから、聴いてる人が自分を重ねられる面もあるなって思いました。

正直そんなことはあまり考えてなくて、俺がただ自分の気持ちを誰かに聞いて欲しくて作ったんです。分かるよって言ってほしくて書いてる。ただ、聴いた人に「この気持ち分かるかも」って思ってもらえたら、その人は救われるかもしれないですよね。だから「ひとりじゃないよ、俺もあるよそれ」って寄り添えてたらいいですね。

―3曲目の「バースデー」は、もう聴いたままなんですけど、ただ、こういう照れ臭いことをあえて曲にしようと思ったきっかけのようなものはあったのかなっていうのが気になります。

それは、普段言わへんから。親に対してちゃんと「ありがとう」って思ってるし、思い出したりもするよ。みたいなこと歌でしか言われへんから(笑)。もともと、弾き語りとかでこっそり歌うくらいのつもりだったんですけど、こんなことになって…(笑)。まじか、みたいな(笑)。

―そうだったんですね(笑)。8月にはフルアルバムのリリースも決まってますが、どんなアルバムになりそうですか?

10周年らしいアルバムというか、俺らが10年どんなふうにやってきて、今どんなことを思ってて、これから先どんなことを夢見ているのかが示せるアルバムにできたらいいなと思ってます。これまでと、今と、これからが詰め込まれたものにしたいですね。ただ、10周年って実際関係ないじゃないですか、ラックライフのことを気に入ってくれてからの時間はみんなバラバラやから。それよりも今ちゃんと一緒に居られることが幸せやし、それを一番大事にしたい。その上でこれから先の話をしたいよねっていう感じですね。

『シンボル』【通常盤】

¥1,404(tax in)/ LACM-14750

2018.05.09 RELEASE

01.シンボル

(TVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」』OP主題歌)

02. ルーター

03. バースデー

『シンボル』【初回限定版】

¥2,268(tax in)/ LACM-34750

2018.05.09 RELEASE

【DISC 1】

01.シンボル (TVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」』OP主題歌)

02. ルーター

03. バースデー

【DISC 2】※LIVE DVD

2018.1.18『ラックライフ 2017-2018 ~Change The World TOUR~』at 大阪BIGCAT公演のライブ映像を一部収録

ラックライフ HPはこちら

#ラックライフ #Interview