a flood of circle


a flood of circle

TOUR -Here Is My Freedom-

2018.6.24@ SECOND CRUTCH

Text:Miyaco / Photo:新保勇樹

序盤から荒々しかった。1曲目“Where Is My Freedom”の爆発力に煽られて、オーディエンスがどんどん前方に吸い寄せられていく。男らしくて、黒々としていて、攻撃的。タイトでスキがないのに、ちゃんと温かみのある愛が伝わってくるのが少し不思議にも感じる。どうしたって体が動いてしまうのはこのアッパーなリズムのせいだけじゃない。彼らの発する熱に私たちの血液が反応するような感覚があるのだ。

一方で、メロウな楽曲にはa flood of circleの懐の深さが現れる。強い人は優しいと教えてくれるし、優しい人は様々な感情を知っていると教えてくれるような気がするのだ。佐々木亮介(Vo.)の言葉は、なぜあんなにも真っ直ぐ、淀みなく、心の芯にまで届いてくるのだろうか。彼の訴求力は同時にバンドの求心力をも担っていて、視線も集中力も全く切れることがなかった。

私たちのテンションも、会場全体の興奮度合も、終始振り切れっぱなし!どこまでも上昇して行けそうな勢いと同時に、大地に根を張るような重厚さが共存していて、力強い解放感が気持ちいい。何度も「最高だ」と口にしていた佐々木。ステージから見える景色やオーディエンスに対してそう話したのだろうが、フロアからもバンドの磨かれたスピリットが見て取れて、最高の気分だった。例えば客が「今日はいいライブだった」と感じていても、演者は「もっとやれたはずだ」と感じているといったこともあるようだが、この日はそういったギャップは一切生じていないはずだ。どんな疑念も邪念も入り込む隙間がなく、メンバーとファンの間に存在した純度の高いロックンロールにも拍手を送りたい気持ちになった。彼らのワンマンライブを見る度に、a flood of circleはやっぱりワンマンライブで味わい尽くしたいバンドだと強く思う。

photo at 東京マイナビBLITZ赤坂(2018.7.8)

Set List

1. Where Is my Freedom

2. Blood & Bones

3. Lightning

4. Human License

5. Ghost

6. GO

7. Leo

8. 月に吠える

9. 再生

10. Rising

11. スカイウォーカー

12. ミッドナイト・サンシャイン

13. One Way Blues

14. New Tribe

15. プシケ

16. シーガル

17. ミッドナイト・クローラー

18. Wink Song

Encore

1. Dancing Zombiez

2. I LOVE YOU

#Report #afloodofcircle