Tempalay『from JAPAN』

December 26, 2015

 Tempalayのアルバムが早くも到着!今作は1月度のタワレコメンにも選出されている注目作。2015年9月にリリースされたデビューEP『Instant Hawaii』は各店舗で完売が相次ぎ現在では入手困難になっていたり、2016年にはアメリカ・テキサス州で行われる世界最大規模の音楽コンベンション『SXSW2016』への出演も決まったりと、気になるニュースが数々並んでいます。

しかし彼らへの期待を最も高めてくれるのはやっぱり、この音源でしょう。今作を聴けばそれらのトピックも当然のことに思えます。

ミドルテンポで揺らせてくれるローファイサウンド。ちょっとサイケデリックな面も感じます。“Festival”は特に秀逸で、少し切ないメロディーとベースの緩やかなグルーブ、それに溶ける(否、とろける、と言った方が近いかもしれない)日本語の心地よさは最高です。“LOVE MY CAR”のリゾート感や“Cosmo Vacation”の非日常感は前作から引き継ぐものも感じられ、Tempalayらしさがよく出ていると言ってもいいのかも知れません。どうか、この脱力感に飲み込まれてみてください。じわじわとクセになって、きっと抜け出せなくなります。

「逆輸入」という観点で活動をしている様子も伺える彼らが「Japan」「TOKYO」などのワードを用いているのを見ると、そこには何か意味があるのだろうかと考えてしまいます。バンドの持つアイデンティティとリンクするものがあるのでしょうか。聴く度に柔らかくなっていく思考と感情の中で、今後彼ら自身から発信されるであろう様々なメッセージにも注目していこうという気になるのです。

Text:Miyaco

 

 

 

2016.01.06 on sale!
¥2,300(+tax) / PCD-93973

 

『from JAPAN』

 1. All Time Long
 2. Oh.My.God!!
 3. Have a nice days club
 4. Festival
 5. made in Japan

 6. This is TOKYO
 7. sea side session
 8. good time
 9. LOVE MY CAR
 10. Cosmo Vacation

Tempalay Ba.竹内さんからコメントが届きました!

 

西風によせる歌をご覧の皆様、

初めまして。

Tempalay、ベースの竹内と申します。

前作に続き今作もレビューを書いて頂けるとの事で大変嬉しいです!おーいぇー

 

オープンリールで録音したり、

iPhoneで録音したり、

地元のBARで録音したり、

友達に歌ってもらったり、演奏してもらったりして出来たアルバムです。

疲れました(笑)

 

ただこれで、広島を始め全国、世界に

行く口実が出来たので誰か呼んで下さい(笑)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Feature
New Topics
Please reload

Archive
Please reload

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
Please reload