THE BOYS & GIRLS

May 1, 2016

THE BOYS & GIRLS

2016.5.1 @広島BACK BEAT

 Report:Miyaco/Photo:MiNORU OBARA

 

 

 

 

荒々しくもがっちりとハンドマイクを握るワタナベシンゴ(Vo.)の、歌とも叫びともつかない全力投球な声とアティチュードが、瞬時にオーディエンスの心を掴む。“ライク・ア・ローリング・ソング”のサビで挙がったオーディエンスの拳ひとつひとつに、自分の拳をぶつけていく彼の仕草は、力強くて温もりのある景色だった。

ワタナベがギターを持ち、スタンドマイクで歌われた“メル”は序盤、歌声のほとんどがマイクを通さず地声で響いた。その空気の振動は私たちのカラダを強く震わせるのに十分なパワーを持っていて、眼が離せなくなってしまった。その瞬間、「ライブって、そういうことかもしれない」という至極当然のことを、改めて教わったような気がした。伝えたいことは何なのか、それ以上に、伝わってくるものは何なのか。あの場にいた全員の心の中に、それぞれの答えがありそうだ。

“一炊の夢”でワタナベが見せた大きな笑顔、“パレードは続く”のシンガロング。メンバーの表情からも気合いや楽しさがバシバシ感じられ、僅か30分ほどのステージではあったがハイライトの多い夜だったように思う。

最後の瞬間。何もかもを振り切るようでもあり、この日のグルーヴを体現するようにも見えたワタナベの特大なジャンプと、それにつられるように舞い上がった彼のギター。一瞬の出来事ではあったがとても美しい光景で、その画が今も消えずに焼き付いている。

彼らは、仲間や夢を信じて、今日も前進を試みる。そんなTHE BOYS&GIRLSの真っ直ぐさがはっきりと目に見えるライブだった。

 

 【Set List】

1. ライク・ア・ローリング・ソング

2. 24

3. 階段に座って

4. メル

5. 一炊の夢

6. パレードは続く

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Feature
New Topics
Please reload

Archive
Please reload

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
Please reload