フラワーカンパニーズ

March 24, 2017

フラワーカンパニーズ「シリーズ・人間の爆発~クアトロ編」

w/The Birthday

 

2017.2.12 @広島クラブクアトロ

 

 

 

フラワーカンパニーズ主催の対バンライブ「シリーズ・人間の爆発」が久々に開催された。今回はクアトロツアー、広島でもこの公演を見られるのがとても嬉しい。

 

広島公演のゲストはThe Birthday。メンバーに少し遅れてチバユウスケ(Vo./Gt.)が登場し、サングラスの奥の視線をフロアに向ける、それだけでも歓声がひと際大きくなった。新曲2曲も含めた贅沢なセットリスト。ミドルテンポの曲でも破壊力が落ちないのが本当にカッコいい。表情をあまり変えないで飄々と演奏しているようにも見えるが、“なぜか今日は”ではフジイケンジ(Gt.)とヒライハルキ(Ba.)もステージから身を乗り出して前のめりに音を鳴らした。“涙がこぼれそう”のイントロが鳴りチバが静かに歌いはじめたが、すぐにその歌をオーディエンスに任せた。フロアはそれを力強く引き受け、冒頭部分を完璧に歌いきる。そして、『今どこ?』の歌詞に応えるように言い放ったチバの「今広島じゃけぇのぅ」という声が、あの場にいた全員の胸をがっちりと鷲掴んで、震わせた。そして4人の姿が、強く照らすライトによって徐々にシルエットだけになっていく。その光景は孤高でスマートな彼らの耽美な一面を前に押し出し、The Birthdayの深い懐に包まれていくような感覚さえ残してくれた。

 

【The Birthday Set List】

1.LOVE GOD HAND

2.I KNOW

3.MOTHER

4.夢とバッハとカフェインと

5.LOVE SHOT

6.なぜか今日は

7.抱きしめたい

8.木枯らし6号

9.くそったれの世界

10.涙がこぼれそう

11.COME TOGETHER

 

 

 

 

会場はThe Birthdayの黒くて男らしい空気を少しだけ引きずっていたが、フラワーカンパニーズのメンバーが登場しその音を鳴らすと、途端にパッと新しくて明るい空気が生まれた。

この日からライブ会場先行発売となったシングルから2曲を披露してくれた。“あまくない”に至ってはライブ初披露とのことで、少し特別な夜になったように思う。深いブルーのライトが“深夜高速”の切なさを増幅させ、その楽曲をより心の深いところへ届けてくれる。何度も聴いているはずなのに、聴くたびハッとさせられるのはなぜだろう―。じっとステージを見つけて聴き入るオーディエンスの表情が印象的だし、楽曲の余韻がしばらく体中につきまとった。アコギで演奏された“春の手前”の優しさと、そこからラストに向けてぐんぐんヒートアップしていく音とグルーヴがものすごく痛快だった。

アンコールではThe Birthdayのクハラカズユキ(Dr.)を迎え、ツインドラムで厚みの増した“真冬の盆踊り”が演奏された。誰もが手を挙げて楽しそうに踊っていたが、楽器隊はそのボリュームを少しずつ落としていく。そうして、THE COLLECTORS“世界を止めて”のカバーを披露するという演出!3月にキャリア初となる武道館公演を行う盟友へのエールを、ここ広島からもしっかりと送る。その心意気に触れた私たちの胸にも、グッとこみあげるものが確かにあった。「バンドをやり続けるって、とても尊いことだ」と改めて思う。そんな寄り道を経て“真冬の盆踊り”を演奏しきった5人とオーディエンスの笑顔は、この日一番大きく咲いていた。

 

【フラワーカンパニーズ Set List】

1.脳内百景

2.消えぞこない

3.はぐれ者賛歌

4.すべての若さなき野郎ども

5.ロックンロール

6.深夜高速

7.あまくない

8.人間の爆発

9.春の手前

10.俺たちハタチ族

11.終わらないツアー

12.恋をしましょう

Encore

13.真冬の盆踊り

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Feature
New Topics
Please reload

Archive
Please reload

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
Please reload