ラックライフ

May 14, 2017

 

 メジャーデビューから1年。3枚のシングルリリースを経て、待望のメジャー1stフルアルバム『Life is beautiful』をバンドの誕生日である3月15日にリリースした。最近は、ハイペースなリリースやタイアップ楽曲の制作など、様々な挑戦が続いているラックライフ。そこに戸惑いはないのだろうか?思い切って聞いてみると、自分たちの長所はそのままに、自分たちだけでは気付かなかったラックライフの底力を知る機会が増えたのだと教えてくれた。人との温かい繋がりとその実感が彼らの音楽をより力強くさせ、今まで以上に私たちの心に接近してくれるのが『Life is beautiful』なのかもしれない。

Interview:Miyaco

 

 

 

―メジャーデビューから1年ほど経ちましたが、振り返ってみてどんな1年間でしたか?

 

PON:一言で言うと、怒涛の1年でした(笑)。

 

全員:間違いない(笑)。

 

PON:馬車馬のように活動してて、すごい勢いで駆け抜けていった時間でした。10年間くらいバンドをやっていて一番しんどかったですけど、一番楽しかったと思えるような、風の様に過ぎた濃厚な1年でしたね。

 

―それまでの10年間くらいとこの1年間は結構違うと感じたんですね。

 

PON:全然違ったな。

 

イコマ:関わってくれる人が多くなって、音楽に集中できる環境を作ってもらえて、充実してましたね。

 

PON:それまではリリースのペースも自分たちで配分を考えて「これくらいやったらできるやろう」って思うペースでやってたけど、メジャーではどんどん行こうぜっていうテンポ感でやらせてもらって。自分たちがこんなにも(ハイペースで)曲をかけると思ってなかったし、このペースでよくやれたなって思いますね。やってる時は必死やったけど、振り返ってみても大事な曲がたくさんできた1年だったし、本当に充実してました。

 

―自分たちの力を引き出してもらった面もあったんですね。

 

イコマ:そうですね、1年で4枚もCD出したことなかったですからね。

 

―今までと違った環境で活動する中で、音楽に対する姿勢とかバンドの見え方など、変わったと感じるものは何かありますか?

 

PON:正直メジャーデビューしても変わらないものはたくさんあるんですけど、たくさんの人の力を借りてやる中で、責任感というか「しっかりせなあかんのやな」ってより強く思いますね。もちろん自分たちの好きなことをやるけど、それプラス、その人たちにも胸を張れるようなもの、自分たちが良いって思うだけじゃなくて精度を上げて周りの人たちに納得してもらえるようなものを作ろうっていう気持ちも感じます。でも大きくは変わらず楽しくやれてますね。

 

―自分たちらしさは、変わらず発揮できてる実感があるんですね。

 

PON:「あ、こんなに自分らしくやっていいんや」って思います。インディーズで長くやってきたので、正直、メジャーデビューしたらいろんなこと言われるんかなとか、きれいに削ぎ落とされたりするんかなっていう先入観も多少持ってたんですけど。案外そうでもなく、自由度は高めでしたね。放牧されてる気分です、すくすくと。

 

―少し話はそれるんですが、これだけ長い間、メンバーチェンジなくバンドが続いている理由はどこにあるんだと感じますか?

 

たく:あんまり干渉しないっていうのはありますね。

 

LOVE大石:アホなんでしょ(笑)。

 

PON:一個ネジが飛んでるんでしょうね、ちゃんとしてたらできてないと思う(笑)。どっか楽観的だったというか。ただ、第一にみんな人が好きなんやろうなと思います。音楽で繋がった人がたくさんいて、その人たちに会うためにバンドやってるところがあるというか。

 

―メンバー4人だけじゃなく、その周りの人っていうことですか?

 

PON:そうですね。4人だけがラックライフっていうんじゃなくて、バンドを通して出会った人と一緒にやってる感じがあるから。その人たちに会いに行ったりええかっこしてるのがポイントやったんかなって思います。

 

―なるほど、ありがとうございます。アルバムリリースから1か月ちょっと経ちましたが、周りの反応はどうですか?

 

PON:上々!

 

イコマ:周りのいろんな人に聴いてもらったんですけど、みんなそれぞれ好きな曲が違ってて、いろんな感想があるんです。だから「いいアルバムなんやな」って思いました。いろんなラックライフが入ってるんやなって思います。

 

―数枚のシングルリリースを経て、今回のアルバム制作があったと思いますが、シングルとアルバム、制作段階で取り組み方や気持ちに違いはありましたか?

 

LOVE大石:タイアップとそうじゃない曲で、もしかしたら若干の違いはあるのかもしれないけど、ほとんど変わらないですね。アレンジも、シングル曲もそうじゃない曲も同じ熱量でやれてます。

 

イコマ:作る工程も変わらない。

 

PON:タイアップ作品はお題があるので、僕だけはちょっと特殊かもしれないです。お題に沿いながら自分のやりたいことをメンバーに提案して、そこから先はみんなで練っていくので他の曲と変わらないんですけど。タイアップ作品は、自分一人では思いつかないようなアプローチとかメッセージをくれるので、お題をもらえることで感化されます。お題を決められた中で作ってくれって言われるのは、(自分自身が)嫌って思うんかなって思ってたんですけど、やってみたら全然嫌じゃなくて。むしろ「これは曲にならない」と思い込んでた気持ちとか通り過ぎてた気持ちを、「これも曲になる感情やで」って掘り起こしてくれるきっかけになるんで楽しいですね。

 

―アニメのタイアップもあってラックライフの音楽が届く範囲も広がったと思いますが、その意識が曲作りに影響を与えてる面はありますか?

 

PON:それはないですね。もともとやりたい音楽とか聴いてきた音楽がポップなものだったので、そこを意識して曲を書くことはなくて、今までと変わってないですね。

 

―ここまで話を聞いてると、良いところは変わらないまま、よりのびのびと表現や制作ができてるんだなっていうのが伝わってきます。

 

PON:うん、そうですね。

 

イコマ:放牧ですね(笑)。

 

―アルバムタイトルの『Life is beautiful』は、とても曇りがないというか、潔い響きだなと思うのですが。

 

イコマ:放牧感出てるな(笑)。

 

全員:(笑)。

 

―このタイトルに決まったのはどういう経緯で?

 

PON:一番最後に決まったんです。全部録り終わって曲順も決めた後、13曲を通して聴いて。リリース日がバンドの誕生日だったんで、それも感じながら聴くと、この9年間上がったり下がったりしながらもいいバンド人生を歩んできたなって、すごくグッときて。いいことも悪いことも歌になるし、思ったよりちゃんと生きてきたなと思えて、自分の人生を振り返れる1枚になったっていう感覚がすごくあったんですよ。聴き終わった時に、順風満帆ではないけど今幸せやなって思ってるし、もっと幸せになりたいし、振り返った時にもなかなかええ人生を歩んできてる。きっとこれからもいい人生になるわってすごく自信を持てたというか。そういう意味も込めて、人生は美しいし素晴らしいんじゃないかって。大きなタイトルやけど胸を張って付けました。

 

―この1年で出来上がった作品ではあるけど、これまでを振り返る気持ちにもなれた、と。

 

PON:これ聴いたらラックライフわかるで、っていう気持ちも籠ってますね。

 

―前回のインタビューでは「相手に手紙を書くように曲を書く」という話をされていて。それを感じながら聴くと確かに誰かの存在が見えるような曲もありますが、自分を鼓舞するような曲もあるなと思います。

 

PON:そうですね、それも自分宛の手紙くらいの感じで書いてますね。自分しっかりせいよ、って。結局、自分以外の誰かが居ないと曲にはならへんかなって思います。自分に向けて書く曲も、誰かがいるから自分に対して思うことがある。だから、そういう意味では、周りの人によってつくられている感覚です。

 

―意識の中にはいつも、周りにいる人たちの存在があるんですね。

 

PON:そうですね。

 

―自分に対する手紙というのは、今の自分に対してですか?それとも過去の自分?

 

PON:両方ともあります、その時々で。“shutto”は、頑張ってるつもりになってる場合じゃないよって歌ってる。そういうのも多いですね。

 

―“赤い糸”っていう曲は、タイトルを一見すると恋愛の歌かなと思うけど、実際に聴くと違いますね。

 

PON:そうですね。メジャーデビューしてから、自分たちの目に見えないところで繋がってくれてる人がすごく増えて。取材の記事を読んだ人や、ラジオを聴いてくれた人や、アニメを通して知ってくれた人とか。自分達が知り得ないところで、ラックライフの曲を大事にしてくれてる人がいるっていうのを、デビューから半年くらいの頃にすごく実感したんですよ。っていうのは、北海道でラジオのレギュラー番組を3か月間やらしてもらったんです。北海道って、それまでライブも1回しかやったことないし、縁も所縁もない土地なんで、誰が番組聴くんやろうって半信半疑だったんです。でもお便りが届くようになったり、ひとりでインストアラブをやるって告知したらリスナーさんがたくさん集まってくれたりして。ラジオだと相手が見えないじゃないですか。どれくらいの人が手にしてくれてて、どのくらいの人の心に響いてるのかわからなくて。だけどそれを目に見えて気付かせてもらえた時に、思ったよりもちゃんと“人”に届いてるんやなって思えて。電波に乗せて不特定多数に向けて発してるけど、その先にはちゃんと受け取ってくれる人が居て、それを大事にしてくれる人がいるんやって気付いたときに、これは一生大事にしたいなって思ったし、いくらでも繋がっていられるんじゃないかなって思って。これはひとつの愛やなって思ったので、ラックライフの音楽を聴いてくれる人に対するラブソングとしてそういうタイトルにしました。

 

―なるほど。その見えない糸も、ライブだと目に見える場所になると思うんです。そういう気持ちを経験して、最近のライブの現場で何か感じることはありますか?

 

PON:ライブハウスではない場所でラックライフに出会った人が初めてライブハウスに飛び込んで来てくれる機会がすごく増えたのもあるし、その年齢層が広がったのもある。そういう意味では、自分たちが今まで自分たちがやってきたライブハウスにどんどん友達が集まってくるような感覚で、「もっとおいで、面白いこといっぱいあるで!」っていう気持ちでライブをやってますね。

 

―そうなんですね。初めてライブハウスに行く時って、結構勇気が要りますよね。

 

PON:うん、めっちゃ要りますね。

 

―ラックライフが初めてライブハウスにいくきっかけになってるっていうのは、バンドにとっても意味があることのような気がしますね。

 

PON:誇り高いですよね。

 

イコマ:PONの北海道愛がすごくて(笑)。僕ら3人はそのラジオには行ってなかったから話だけを聞いていたんですけど。5年前に初めてライブで行ったときはお客さんも全然いなかったのにこの前はソールドアウトして、それにPONが感極まって涙を流してて(笑)。

 

PON:制作、レコーディング、キャンペーン、ラジオとかが重なって、その3ヶ月は肉体的にめっちゃしんどい時期だったんですよ。でもやりがいがあって楽しくやってたんですけど。ラジオの中で「みんなでチケットソールドアウトさせてメンバーびっくりさせたろうや」って言ってて。そしたら本当にそうなったから、やばくない?と思って。ただただ感動して号泣してしまって、ラジオのディレクターもめちゃくちゃ泣いてて(笑)。

 

イコマ:ええ話やな~(笑)。

 

―5月からは『Life is beautiful』のリリースツアーがから始まります。今回はぎゅっと詰まったスケジュールですね。今回はどんなツアーになりそうですか?

 

PON:ライブハウスで育ってきたバンドやし、久しぶりにこんなにぎゅっとしたスケジュールで回るので高まってます。

 

イコマ:久しぶりに行くところも結構あるし。

 

PON:そう、メジャーデビューしましたって言いに行かなあかんところもあるし、(アルバムリリース日は)バンドの誕生日やし、メジャー最初のフルアルバムやし、いろんなことが重なってるから。各地に対バンで帰ってこれるのはグッとくるものもあるし、成長をしっかり見せないとなって思ってます。

2017.3.5 on sale!

¥3,024(tax in) / LACA-15620

 

『Life is beautiful』

1.サニーデイ

2.初めの一歩(TVアニメ「チア男子!!」OP主題歌)

3.view

4.shutto

5.アイトユウ

6.君の匂い

7.風が吹く街 (TVアニメ「文豪ストレイドッグス」第2クールED主題歌)

8.素晴らしい世界

9.ラブリープリティーミュージック

10.変わらない空(TVアニメ「純情ロマンチカ3」ED主題歌)

11.モーメント

12.赤い糸

13.名前を呼ぶよ(TVアニメ「文豪ストレイドッグス」ED主題歌)

 

 

 

生きてるだけで丸儲け対バンツアー

 2017.05.12(金) 宮城・仙台enn3rd
 2017.05.13(土) 神奈川・横浜BAYSIS
 2017.05.14(日) 愛知・豊橋Club KNOT
 2017.05.16(火) 京都・京都MUSE
 2017.05.19(金) 新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK
 2017.05.21(日) 北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
 2017.05.24(水) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
 2017.05.26(金) 群馬・高崎FLEEZ
 2017.05.27(土) 埼玉・西川口Hearts
 2017.05.28(日) 千葉・千葉LOOK
 2017.06.02(金) 三重・四日市CHAOS
 2017.06.09(金) 佐賀・佐賀GEILS
 2017.06.10(土) 福岡・福岡Queblick
 2017.06.11(日) 広島・広島BACK BEAT
 2017.06.16(金) 鳥取・米子laughs
 2017.06.17(土) 島根・出雲APOLLO
 2017.06.18(日) 岡山・岡山CRAZY MAMA 2nd Room

 

ラックライフ HPはこちら

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Feature
New Topics
Please reload

Archive
Please reload

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
Please reload